ビューティー☆ダイアリー

シンプル&ていねいに暮らし、キレイなお姉さんを目指すブログ。多忙につき更新停滞中(汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高浸透型ビタミンC誘導体で目指せ毛穴レス!サイクルプラス「エンリッチローション」♪




こんばんは。miuです。

乾燥してなんだか肌がシワっぽい。。。クリーム塗るとなんだか脂っぽいし、

しっかり下地を塗ってるのにファンデーションが毛穴落ち(涙)

いよいよメイクで毛穴が隠せなくなってきたか、とピンチな私 ( ノД`)

“毛穴レス” になれる! と評判の化粧水をお試ししました。

768.jpg
高保湿スキンケアシリーズ
「CYCLE PLUS(サイクルプラス)」

80ml+パウダー(約1か月分) 2,800円(税抜)
40ml+パウダー(約2週間分/ハーフサイズ) 1,600円(税抜)


こちら、美容雑誌 「VOCE」 の月間ランキング、

化粧水部門で1位を獲得したこともある人気のアイテム。

ビタミンCって、なんとなく肌に良いイメージがあるけど、

実際、シミの原因となるメラニンの抑制や、

お肌の弾力に必要なコラーゲンの産生、さらに抗酸化や

新陳代謝の促進など、美肌には欠かせない物なんだそう。

そんなビタミンCを化粧品に配合しやすくするために開発されたのが

ビタミンC誘導体 というもので、さらに サイクルプラス に配合されているのは

APPS という 進化したビタミンC誘導体 なんだとか。

これがなんと、従来のビタミンC誘導体の約100倍の浸透力!!!


もう少し詳しく説明すると、APPS は、水溶性ビタミンC誘導体の 「即効性」 と、

油溶性ビタミンC誘導体の 「浸透力」 の両方の特徴を持つ、

高浸透型ビタミンC誘導体のこと。

しかし、変化しやすいという特徴があるので、

安定して配合するのが難しいとされていたんだとか。

そこで サイクルプラス は、使い始める直前に混ぜる 2剤式 を採用。

これにより、APPS を一番いい状態で肌に届けることに成功!!

APPS を主とするパウダーとローションを使う直前に混ぜ、

さらに使用期限を設定することで、新鮮な状態をキープ。

ひと手間かかる、そして期限付きという一見デメリットにも見える特徴が、

お肌へのメリットを引きだす!という訳。

ほかにも APPS の働きを高める 水溶性ビタミンE誘導体

EGF/FGF様ペプチド などを贅沢に配合していて、

美容液レベルの濃密さで、ハリ不足、くすみ、乾燥、肌荒れといった

幅広い肌トラブルに対応してくれるんだとか。毛穴の悩みはもちろん、

透明感が増したり、弾力のある肌に導いてくれるなんて素敵ww


という訳で、さっそくローションを完成させましょう。

まずはパウダーをローションに入れるところから。

780.jpg

パウダーのパッケージに斜めに切り取り線が付いてるので

その通りに切って、ローションの容器に差し入れると

こぼれずキレイに入れることができます。


入れただけだと、ローションにパウダーが浮いているのがわかります。


そのまま溶けるのを待つ?? いえいえ。

パウダーを入れたら、カチッと音がするまでキッチリふたを閉め、

10~20回上下にシェイクします。

802_20171222011659341.jpg

混ぜた直後は泡立ちますが、品質に問題はないそうです。

パウダーが完全に溶けるまで5分~10分かかるので、そのまま待ちます。

冬場など寒い場合は10分以上かかる場合もあるとのこと。

806.jpg

パウダーが溶けていることを確認して、さっそく使ってみましょう。

使用量の目安は500円玉大。手のひらにとって顔全体に伸ばします。

で、足りない部分は重ね付けがおすすめ。

コットンを使う場合は優しくパッティングしたあと、ハンドプレスで仕上げます。

ビタミンCが入っているだけあって、ほんのり黄色っぽい色をしてて、

伸ばしてみると、スーッと馴染んで、ベタつきもないのが好印象。

ビタミンC入りのアイテムって、乾燥するとか、

場合によってはピリピリするものもあるけど、特にそういう刺激もなく。

500円玉くらいって結構たっぷりな量なので、最後にハンドプレスすると、

手が吸い付くような、もっちりした感触が。


ちなみに敏感肌や、ビタミンCの化粧品を初めて使う場合は、

最初の1週間程度は化粧水のみを使うのがおススメだそう。

また、日焼けの後や、脱毛(顔そり・髭剃り)の後は

肌が敏感になっているので、使用は控えた方がよい、とのこと。

コットンで使う場合は肌との摩擦を避けるため、

しっかり500円玉くらいの大きさに化粧水を含ませること。

コットンが透けるくらいしっかりね。


適量ってホント大事で、1回の使用量が以前使っていたモノより多く感じたので

量が多いからうるおってるだけでしょ? これでいいや! って、

ちゃちゃっと適当な量を付けて寝たら、翌日の肌があれ? ということも;;

適量=正しい使用量 って、これ大事。

ボトルに目盛りがついているので、1週間で1目盛り分減っていれば、

適量が守れているということ。さらにローションのボトルの下側に

日付を入れるところがあるので、これも忘れずに記入。

高浸透型ビタミンC誘導体がフレッシュに働く間に使い切るのがおすすめ。

762.jpg

今までも “鮮度が命” みたいな化粧品って使ったことがあるけど、

それは冷蔵庫で保管が必要だったり、特別な道具が必要だったりして、

使うのが大変だったのよね; 

その点 サイクルプラス は常温で保管できるので楽チン。

(*もし一度冷蔵庫で保管した場合は、温度変化が影響をあたえてしまうので、
使い終わるまで冷蔵庫で保管してください、とのこと)

直射日光を避ける、極端に温度・湿度が高い場所で保管しないっていうのは

ほかの化粧品と同じだと思うけど、

特別感のあるアイテムが、普通の状態で使えるって嬉しいかも。



ちなみに今回お試ししたのは、初回特別セット というもので

ローションハーフサイズ(約2週間分) 

2800円相当のシリーズサンプル が付いたもの。

サンプルといってもサシェがいくつか付いてくるとかじゃなく、

メーク落とし、洗顔料、乳液、クリームがたっぷり1週間分ずつ。

ローション単品で使っても良さを感じたけど、

他のアイテムにも保湿効果の高い美容成分がたっぷり配合されているので、

ラインで使うことでより乾燥に負けない肌を目指せそう。

ローションを中心に、選んで、組み合わせて使えるのもいいですね♪

>>> 高保湿化粧水-初めての方限定お試しセット:サイクルプラス



関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。