ビューティー☆ダイアリー

シンプル&ていねいに暮らし、キレイなお姉さんを目指すブログ。多忙につき更新停滞中(汗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1.9」で30日間シミ消しチャレンジ!


こんばんは。miuです。

今まで肌悩みというと、毛穴 とか 乾燥 が多かったけど、

最近はそれに シミ が加わりました。。。 (っω・`。)

遠目にみてもガッツリわかるほどの大きなシミはまだないんだけど

毎日毎日鏡を見ては、あれ? これシミ?? っていうのを

発見して落ち込んだり (´;ω;`)

今あるシミがどんどん濃くなったらどうしよう。。。

と思っていたところ、b.glen さんの 「30日間シミ消しチャレンジ!」

という企画に参加する機会を得まして、

QuSomeホワイトクリーム1.9 をお試しさせていただきました♪

665.jpg
b.glen
QuSomeホワイトクリーム1.9
6,000円 (税抜)

b.glen(ビーグレン) は米国発の最先端サイエンスコスメ。

ビーグレンは医療の分野で使われる

ドラッグデリバリーシステム研究の世界的権威である

ブライアン・ケラー博士が独自に開発した浸透テクノロジーが特徴。

その独自開発した浸透テクノロジーは 「QuSome(キューソーム)」 と呼ばれ、

“必要な場所に、必要なモノを必要な量届ける” ことができるんだそう。

668.jpg

QuSomeホワイトクリーム1.9 は、

紫外線ダメージにアプローチするクリームで、今年6月のリニューアル。

入口で阻止する、内側で攻める、出口でも阻止する という

3段構えで、シミにアプローチ!

リニューアルによってプラスされた成分は

シミの原因を作らせない オリゴペプチド-34 と、メラニンが肌表面に

シミとして現れるのを阻止する ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸 の2つ。

ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸は最近開発されたビタミンC誘導体とのこと。

従来から配合されている ハイドロキノン は、できてしまったシミにアプローチ。

今までの良さはそのまま、さらにパワーアップ! という訳。

669_20170815212931404.jpg

使うタイミングは夜。スキンケアの一番最後に。

パール1〜2粒程度を手に取り、頬・あご・両頬・鼻に5点置きして、

あとは顔の内側から外側に向かって伸ばしていけばOK。

顔全体に行き渡ったら、最後はハンドプレスで仕上げます。


クリームと言えど、ベタベタせず、軽いテクスチャーです。

顔全体に薄く伸ばしたあと、気になる部分にポイント使いしています。

644.jpg

写真だとちょっとわかりにくいですが。。。

かつおぶしのような細かいシミが目の下を中心にちらほら;;

653.jpg

こんな感じで、ポイント使い。

シミが気になるから日中も使いたい!と思うかもしれないけど

有用成分のハイドロキノンは紫外線により変化しやすい成分なので

肌への刺激をもたらす可能性があるので、夜のみの使用がおススメだそう。

もちろん普通に使う分には、QuSomeというテクノロジーを使って

肌への刺激を減らしてあるけど、体調や肌のコンディションによっては、

ピリピリしたり、赤くなったり、ということが起きる可能性がゼロではないので

心配な人は少量から試していったほうがいいかも知れません。

ちなみに私は刺激等は特に感じませんでした。

662.jpg

1ヵ月で劇的にシミに変化が出たわけではないけど、

継続は力なり!と信じで続けてみようと思います。

またご報告しますね (ノ´▽`*)b☆


今回ご紹介した QuSomeホワイトクリーム1.9 を使ってみたい!という人は

1週間分試せるトライアルセットがあるので、そちらをどうぞ♪

>>> [b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット



関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。