FC2ブログ

ビューティー☆ダイアリー

シンプル&ていねいに暮らし、キレイなお姉さんを目指すブログ。多忙につき更新停滞中(汗)

紫外線ダメージに負けない肌へ!ビーグレン「ホワイトケア トライアルセット」♪


こんばんは。miuです。

紫外線ダメージに負けない透明感のある明るい肌に必要なのはホワイトケア!

b.glen(ビーグレン) の 『ホワイトケア トライアルセット』 をお試ししました♪

こちらシミや色素沈着が気になる人におススメのアイテムがセットになってます。

39_20170630160529fdc.jpg
ホワイトケア トライアルセット』 / 通常価格:1,800円(税抜)

b.glen (ビーグレン) って、最近InstagramやFacebook、

美容雑誌で見かける機会が増えたこともあって、

もともと知ってるけど、最近さらに興味が出てきたブランドww

b.glen (ビーグレン) って何? という人のために簡単に説明すると

アメリカ発、独自の浸透テクノロジーQuSome (キューソーム) を採用した

スキンケア製品で、ニキビやしわ、毛穴の開き、肌のくすみなど、

あらゆる肌の悩みに応えてくれるサイエンスコスメのブランド。

独自の浸透テクノロジーQuSome (キューソーム) で 

「肌の必要な個所に、必要な成分を、必要な量届ける」 がコンセプト。

43_20170630160532a77.jpg

年齢と共にくすみや、シミ・ソバカスが気になってきたので

透明感のある明るい肌になりたい!! と思っている私。

ビーグレンのトライアルセットは肌悩み別に8つあるんだけど、

お手入れの鍵を握るのは 「ビタミンC」 と 「ハイドロキノン」 とのことで、

その両方が試せる  『ホワイトケア トライアルセット』 を使ってみました。

使うアイテムは洗顔料、化粧水、美容液、クリームが2種類。

それぞれアイテム別にご紹介しますね。

46_20170630160534f74.jpg
クレイウォッシュ / 洗顔料

天然のクレイ、モンモリロナイトを採用した洗顔料。

肌の汚れや古い角質、余分な皮脂を引き寄せて落とすのがポイント。

毛穴の中で酸化した皮脂も吸着してくれるそうなので、

小鼻や頬など、毛穴が気になる!という場合にもおすすめのアイテム。


いわゆる泡立たない洗顔料。なじませ系とでもいいましょうか、

顔全体をやさしくマッサージするように汚れとなじませて使います。

するりと体温となじむなめらかなテクスチャーで、

ゴシゴシしないでもするっと指が滑ります。

5種類の美容成分が贅沢に配合されているので、年齢を重ねた肌はもちろん、

大人のニキビ肌にも使えます。流した後の肌はなんだかすっきり。

a54.jpg
QuSomeローション / 化粧水

角層のコンディションを整え、すみずみまで深く浸透する化粧水。

加齢とともに硬くなりがちな肌を解きほぐし、長時間保湿してくれるそう。

56.jpg

出した感じはプルンとしてたので、とろみがあるのか? と思いきやサラサラ。

コットンを使わず手で使ってみましたが、じゅわっと肌を包み込むような感じが。

うるおいが17時間続く! なんてことがパンフレットに書いてありましたが、

確かにしっとり感が長持ちしてたかも。

この化粧水を使うと、後から使う美容液やクリームの効果も高めてくれるそうです。

61_2017063016053897a.jpg
Cセラム / 美容液

美容成分ビタミンCを高濃度(7.5%)で配合した美容液。

皮脂バランスを整えながら透明感を引き出し、

しわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡、シミ、くすみの悩みをケア。

65.jpg

肌に置いた瞬間から、あれ?なんか温かい?? と思ったら

これは超微小カプセルに包み込まれたピュアビタミンCが

温感を伴って広がっている証拠だそう。

ビタミンCって場合によってはピリピリした刺激を感じることもあるけど

これは温かさは感じるけど、ピリピリせず、心地よい感じ。

ソフトピーリング作用もあるので、肌をくすませる古い角質や

メラニンの排出をうながします。

68_20170630160542219.jpg
QuSomeホワイトクリーム1.9 / クリーム

紫外線のダメージを消して、澄み切った肌へ導くナイトクリーム。

ポイントは浸透テクノロジーQuSome (キューソーム) と

ハイドロキノン を融合させた 「Q(HQ) QuSome化ハイドロキノン」

ハイドロキノン にはシミやくすみの元となるメラニンを抑制したり

できてしまったメラニンを元に戻したり、働きを弱くする効果があるそうで

シミやくすみに効果的といわれています。

その一方で浸透しにくい、刺激が強い、酸化しやすいといった弱点もあるので

それを QuSome (キューソーム) というテクノロジーで解決したのがこちら。


するっとなめらか、伸びのよいクリームといった印象。

ただ保湿を目的で、これを顔全体に塗るのはどうなのかな?? と思います。

クリーム = 保湿、と思って使うと物足りなさを感じるかも。

私は集中的に 「シミ・くすみが気になる」 という場所に塗ってます。

今のところの実感は徐々にトーンアップしてるかなぁ? というくらい。

美白のクリーム!!と気負わず使える使い心地が良いです。

76_20170630160547c69.jpg
QuSomeモイスチャーリッチクリーム / クリーム

保湿してくれるクリームはこちらでした(笑)

名前の通り、リッチなテクスチャー。肌の表面から奥までしっかり潤う感じ。


とはいえ重たいクリームではないので、重ね付けしてもベタベタしません。

ハリと弾力をもたらしてくれるそうで、緩みがちな頬にも緊張感がもどりますw

87_20170630161414b22.jpg

夜はフルラインの5ステップ、朝はQuSomeホワイトクリーム1.9以外の4ステップ。

落として、潤して、整えて、消して、守る。

当たり前なんだけど、それぞれ決められた量をきちんと使う。

そうすればきっと、肌は応えてくれる。

シミとかくすみとか鏡をみるといろいろ気になっちゃうけど、

肌悩みを軽くするのは、やっぱり日々のスキンケアなのかなと思いました。

90_20170630161416503.jpg

b.glen(ビーグレン) のスキンケアは、

一発逆転を狙うような必殺アイテムではないけど

毎日使っても負担にならない心地よさが気に入ってます。

悩むくらいなら試してみなよ、的なトライアル。

気になる方はぜひ。

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット





関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment